製品の販売前にROHS検査を実施【海外展開には必要不可欠】

ニュース一覧

ROHS指令の影響

試験管

安全な電子機器作りへ

ROHSという日本では聞き慣れない言葉があります。ROHSとは、電子機器の有害物質の使用制限を設けた欧州連合の指令です。ROHS指令は、WEEE指令と同時に交付されています。WEEE指令は、廃電子機器の総量を削減するため、電子機器の再利用、構成品などの再生、リサイクルを要求する内容となっています。ROHSとWEEEは、表裏一体の関係になっているのです。どちらも欧州連合に向けた指令ですが、日本企業がEUで仕事をする場合には、これらの指令に順守することが求められます。ROHS指令の特定有害物質には、ROHS10物質と言われる10種類の物質があります。それらの内容は、鉛、カドミウム、水銀、6価クロム、PCB、PBDE、及び4種類のフタル酸エステルです。EU向けの電子製品には、これらのROHS10物質を含まないことが義務付けられています。日本の電子機器メーカーでも、既にROHS10物質を含まない製品の開発に取り組むようになりました。製品の開発から製造までは、ROHS10物質を含む材料を発注しない等の姿勢を守り、ROHS指令に順守した製品作りを行うメーカーが増えています。そして、新たに製造されたROHS10物質を除外した製品は、外装ラベルからも確認できるようになりました。ROHS10物質を含有していない電子機器は、安全性が高く、日本でも評価が上昇しています。ROHS10物質を含まない製品を購入するためには、各メーカーのHPからROHS情報を確認すると良いでしょう。

Copyright© 2018 製品の販売前にROHS検査を実施【海外展開には必要不可欠】 All Rights Reserved.